ブログトップ

capt-trip

captaintri.exblog.jp

音楽の旅

<   2007年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

昨日は、The Sonsのオープニングで、とのお声がかかり、SHAMBLEとして参加してまいりました。
b0007213_1834656.jpg

こちらは、リハの写真のようです。
ひさびさで、でっかい声出して、ハイテンションになってしまった。
英語の歌詞がなかなか覚えられなくて、たいへんなんすけど、前座の役目はなんとか果たせたか?という感覚があったので、とりあえず満足!
ふりかえると、いろいろやばい場面ありましたが、まぁ~相変わらずのパーティーバンド的ノリで最高に楽しかったです。
ライブ終了後も、SONSのメンバーと話ができたりと、ごきげんでした!
あっ!それとNEW GUITARもお披露目できて、よかった!よかった!

さて、SONSです。前回は’05 9月でした。そんなになるのか~というくらいです。
Ichiroは先月ロカメンコできてますしね!
b0007213_1893229.jpg

バンドとしてツアーが、前日の仙台スタートということで、ライブを重ねるたびによくなっていくのでしょうね!
b0007213_18195064.jpg

鮫島さん
b0007213_18373063.jpg

ROGERの写真が失敗して全滅やん!
b0007213_18461976.jpg

ライブ終了後は、打ち上げでございます。
前日の仙台でのライブのオープニングを務めた、「AIR GROOVE」のみなさんも一緒に盛り上がりましたわ~!ギター談義に久々花が咲きました!
おっ?これは?ICHIROが二人?
b0007213_1842843.jpg



練習も楽しかったしね!
また、およびがかかるといいなぁ~!

音で遊べるのは、やっぱり楽しい!
[PR]
by captain61 | 2007-06-23 18:50 | news
たまには家族サービスということで、先日の日曜日は、父母と妹とRootsと5人でドライブがてらのお出掛けとなった。

コースは、三陸道を使って~桃生・津山~平筒沼~登米~伊豆沼~一迫まで!
三陸道は、開通したばかりで石巻~桃生・津山間は無料で、見慣れない風景が楽しい道路である。
豊里から米山のところで「平筒沼」の横を通過して登米へ。
お昼頃、登米に到着。
旧登米尋常高等小学校は、国指定の重要文化財である。
b0007213_1558381.jpg

そして、旧武家屋敷で、今は休憩所となっている「春蘭亭」でお茶しました。
b0007213_1624715.jpg

春蘭亭は、もともとは登米伊達家家臣の住まいであった物を保存し、今は一般に開放しているのだ。時代劇のセットのような雰囲気にひたりました。
b0007213_16316.jpg

春蘭茶・お菓子セットと、ずんだ餅セットを注文
b0007213_1631174.jpg

そして、昼食は予約しておいた「東海亭」へ。建物のフォトアルバム
鶴岡市の商家の蔵を移築して再生された建物は、この町によく似合う。なかなか雰囲気のある建物である。今日は、川の見える部屋を予約しておいた。
b0007213_16131480.jpg

ここは有名なうなぎ屋さん!
うな重食べる。  さすがに旨い!!天然うなぎもたべれるらしいが、この日は大繁盛で売り切れていた。こんどは天然物との違いを比べてみたい!
b0007213_1615193.jpg

b0007213_16205819.jpg

この後、栗原市一迫の「風の沢」へ!工藤修二作陶展を見に行く!
天気の良い日曜日の午後は、沢山のお客さんが来てました。
工藤さんの奥様とは、10数年ぶりぐらいの再会でした。
この「風の沢」は、築180年ほどの古民家を再生した建物で、工藤さんの作陶展はこの建物のロケーションをそのまま生かした形で、展示されていた。
b0007213_16422838.jpg
b0007213_1642465.jpg

今度は、登り窯のあるご自宅にもお邪魔しま~す!と約束をして、風の沢をあとにする。
今回の父の日一家ドライブは、古民家をめぐる旅でした!
[PR]
by captain61 | 2007-06-19 15:58 | news
b0007213_1340647.jpg

今年のBonnarooって、いつだったけ?と、思って見てみたら、今年もやってました!

ライブ中継!
ちょっと前にTHE ROOTS終了しました。(6/15の分は終了しましたね!)
明日は、ストリングチーズインシデントが出ます。その翌日は、ラットドック等など!
[PR]
by captain61 | 2007-06-16 13:43 | news
友人D君宅の近所にある「手打ち蕎麦・早蕨(さわらび)」に、初めて行ってみた!
b0007213_18201732.jpg

狭い通りながら、駐車場5台分あるのがうれしいです。
市内にあってもいいのに、無かった手打ち蕎麦屋!
でも、蕎麦屋って、けっこうめだたないとこにあるのが多いみたいな気がする。
もう、1時も過ぎていたので、店内は他にお客さん一人と、空いていたのだ!

蕎麦は更科系の僕としては好みのおそばでした。
初めての本日は、やはり鴨せいろそばを大盛りで注文した。
b0007213_1839420.jpg

つけだれは、チョイ甘めに感じました。鴨肉は5~6センチぐらいのが充分なぐらい入ってた!
七味をパラパラと二回ほどふりまして、最後に蕎麦湯を足した時に、自分としてはちょうどよい感じになりましたぜ!
久々に手打ちそばを食べたので、中満足でした。(ちなみにお値段1250円でした。小満足)

              場所は↓
b0007213_1846472.jpg

近場にあるので、また、行ってみましょう!

そんで、その帰り道に買ってまいりました「Festival Trip」
5月の忍野DEADの写真には、なじみの方ものってたぞい!
要チェックだわね~!
これからの夏Fesの情報も載ってるので、お近くの書店で是非お買い求めを!
b0007213_1855924.jpg

[PR]
by captain61 | 2007-06-14 18:55 | news
石巻ライブハウスLa Stradaにて、生マダムと遭遇したゾイ!
b0007213_2241941.jpg
b0007213_22413544.jpg

new guitar 1959guildだそうである。
音は、よりアコースティックで、やわらかな感じだ!
b0007213_22415367.jpg
b0007213_22421021.jpg

さぁ~今から呑みに行くゾイ!ということで、
あわてて記念撮影となった!
b0007213_22422165.jpg


'05初石巻の様子
[PR]
by captain61 | 2007-06-08 22:42 | news
いよいよ、梅雨の季節到来となる6月でございます。

夏到来前の皆様のご予定は、いかがでしょうか?

雨が多いことが予想される今月は、ライブハウスへ足を運んでみましょう!

ってなわけで、石巻ライブハウスLa Stradaの今月の予定でございます。

6月7日(木)
b0007213_11172261.jpg

マダムギター長見順
マダムギター長見順待望のPヴァイン2枚目発売!!
独自のマダム・ワールドが更に幅も広くスケール・アップ。ポップで軽快な曲から鋭く繊細に切れ込むマダムギターも頼もしいくらい健在!長見順の曲作りのセンスも磨きがかかるタイトル曲「クーチークー」では大楽団をバックに気持ち良くスイングする大傑作となった。ボーナストラックでは御大・吾妻光良との夢のデュエット「ギターおやじ ピアノおばさん」も収録!
今回バンドとしてのグルーヴ感も強調する為、全編アナログでの録音!特にビッグ編成での一体感は近年のCDにはない生命力&グルーヴ。完全にブルースから脱しブルースを更に飛び越えた長見順マダムギター旋風が巻き起こる!


6月15日(金)
BASS NINJA
b0007213_1141683.jpg

世界各地をベース1本で渡り歩く、エレクトリックベーシストであり作曲家。特殊6弦エレクトリックベースを駆使し、ベースの限界を打ち破る極限のテクニック、奇術的なスキルのエフェクトさばきが欧米各国で注目され、"BASS NINJA"の異名をとる。ベルリン150万人のイヴェントと言われる"ラヴパレード"をはじめとするヨーロッパの様々な国際的音楽フェスティバルに出演。2002年5月には、アメリカ・ロサンゼルスはハリウッドにある世界屈指の音楽学校"Musicians Institute Hollywood"から、東洋人のベーシストとしては初めての公式招待を受け、公演とベースセミナーを欧米人にむけて行った。2005年、2006年1月には、アメリカ・アナハイムで行われた、世界最大の楽器博覧会"NAMMショウ"に、唯一の日本人ベーシストとして招待され、サンタナ、スティーヴィー・ワンダーなど世界のトップミュージシャンと共にソロ出演。会場ではデヴィッド・リー・ロス(exヴァンヘイレン)のメンバーとも共演。日本国内では、楽器メーカーMOONとのエンドース契約による6弦ベース"Q.I.Special"の開発なども、並行して行う。全10作のソロアルバムを引っさげ、年間250本にもおよぶ世界公演を現在も行っている。
11th Album "BassDays" 発売記念ツアー!

6月22日(金)
THE SONS

ichiro (Vo,G)
b0007213_11242963.jpg

1988年、ブルースに魅せられて単身シカゴへ渡る。初めての渡米で生活もままならない中、ひたすらセッション・ライヴだけを展開。帰国後、90年にWEAからソロ・デビュー。レコーディング・メンバーはロリー・ギャラガー・バンドのジェリー・マッカヴォイ、ブレンダン・オニール。デビュー前に《ブルース・カーニバル》に出演し、ジェームス・コットン、ロニー・ブルックスらと共演。その後、 日本人初の<Gibson USA/Endorse Artist>にも就任。92年、セカンド・アルバム・レコーディングのために渡米、ボブ・グローブ、マーク・ブラウナー、チャド・クロムウェル、ボブ・ラッドらがichroをサポートした。エンジニアはジョー・ウォルシュのバンドにいたグレッグ・ドロマン。そして何よりも注目は、特別ゲストがアルバート・コリンズ!ichiroとのギター・バトルは白熱化し、アルバートはichiroのギター・ワークを絶賛した。その1年後にアルバート・コリンズは61歳でこの世を去った・・。 96年にはボニー・レイットのギタリスト、ステファン・ブルートンをオースティンに訪ねセッション・ライヴを行なう。意気投合し、彼の家に招待された。 そこはスティーヴ・レイ・ヴォーンが亡くなる少し前にヴォーン・ブラザーズ名義の「Family Style」のための作品をステファンから機材を借りて作った家(スタジオ)だった。スティーヴィーのまつわるエピソードをいろいろときかせてもらう。 その他ジョアンナ・コナー、スティーヴィー・サラス、ポール・ジャクソン、ザック・スターキー(リンゴ・スターの息子)、ジョン・エントウィッスル(ザ・フーのメンバーだった・・)、ビリー・プレストンほか多くのミュージシャンと一緒に演奏した経験を持つ。


鮫島秀樹 (B)
b0007213_1125454.jpg

77年ツイスト時代にポール・ジャクソンと共演。その後90年にブルース・ハープの名手/ビリー・ブランチ、92年にミック・ジャガーの弟/クリス・ジャガーとステージを共にした。98年にはNHK-TV番組でザック・ワイルドと共演。01年にはラスベガスのブルース・クラブ、ハウス・オブ・ブルースでマーク・ファーナー(元グランド・ファンク・レイルロード)、03年には仙台でチープ・トリックともセッションしている。そのほか、ホワイトスネイクのダグ・アルドリッチ、クリス・フレーザー(スティーヴ・ヴァイ・バンド)、マーティー・フリードマン(メガデス)、リッチー・コッツェン、ザック・スターキー、ジョン・エントウィッスル、カーマイン・アピス(元ヴァニラ・ファッジ)、ポール・ギルバート、スティーヴン・セガール・・枚挙にいとまがないほど鮫島は多くの海外ミュージシャンとの演奏経験をもつ。


ロジャー高橋 (Ds)
b0007213_11254799.jpg

1988年、元UFOのマイケル・シェンカー・グループのポール・レイモンド、元エンジェルのフランク・ディミノーと<SHANGHAI>結成。1997年にはPUGSが「Pugs Bite The Red Knee」でCasual TonalityレーベルからUSデビューを果たしたこともある。この時は、全米35ヶ所でのライヴ・ツアーも経験している。その他、ポール・ジャクソンともレコーディング。


THE SONSのとき、THE OTHER SHAMBLEでオープニングで出ることになったのだ!
ただいま練習中です。(^^;)
メンバーは
Fumito(G)sakachiyo(Vo,G)Y.Ken(B)Shinichi(Ds)です。
6月22日はお早目のご来店を!



※5月31日に La Stradaで、Ichiroの、もう一つのバンド
b0007213_17405291.jpg
ROCKAMENCO その模様ちょこっとだけよ

b0007213_133862.gif

[PR]
by captain61 | 2007-06-02 10:32 | news