ブログトップ

capt-trip

captaintri.exblog.jp

音楽の旅

<   2007年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

b0007213_929461.jpg

OJOさん作
すばらしいコラージュの作品ですね!現物は、現地でみれるのですね!

関連サイト
ONO LOVE

今から始めるGrateful Dead

mixiお祭盛り上げ勝手連
[PR]
by captain61 | 2007-03-31 09:33 | 忍野dead
今年は、朝霧で開催の予定となった「忍野DEAD」
富士山が、ど~んと近くなっております。

今年もきっといろんな出会いがあることでしょう!
不思議な旅のはじまり~はじまり~!

b0007213_9443298.jpg

b0007213_10151996.jpg

OSHINO DEAD 2007

A GATHERING @ HEARTLAND 朝霧
2007年5月3・4・5日


会場:
ハートランド・朝霧 
http://www.asagiri-kantoku.com/index.html
http://local.google.co.jp/?ie=UTF8&z=14&ll=35.392688,138.582916&spn=0.031626,0.043173&om=1

2泊3日のキャンプ・インですが、テントが苦手な方はこちらの宿泊案内を参考にして下さい。
http://domestic.hotel.travel.yahoo.co.jp/bin/asearch_m/22/2202/220205/

河口湖方面の「宿泊施設案内」です。
河口湖観光協会 http://www.fujisan.ne.jp/stay/
鳴沢村観光協会 http://www.vill.narusawa.yamanashi.jp/kankou/index.html




出演予定:



AKETO
CHINA CATS
DACHAMBO
DANCING BEAR POETRY BAND
FREAKY SEVEN
jiのma
朴保BAND
SALON DE CATCH-RE
TANIJI & FRIENDS
TOSHI
YOLE YOLE
WARLOCKS
and more...




DJ:
CLASSIC ROCKERS
HARIMAOH




LIGHTSHOW:
OVERHEADS
SHINKILOW




GALLARY:
DANCHO(写真)
MOCHI(DEADコレクション)
NAO(木彫りDEAD人形)
OJO(DEADコラージュ)
宮元一(版画)
and more...




映像上映:

・記録映画「花まつり」(75年)
75年に御殿場で行われた「花まつりコンサート」の記録映画。監督は藤枝静樹氏、編集にはあのOJOさんも関わっています。今回出演するAKETOや Dr.SEVEN(FREAKY SEVEN)を始め、久保田麻琴、南正人、裸のラリーズや、CHINA CATSもレパートリーにしている「雨ニモ負ケズ」の作曲者「ジュゴン」さんのオリジナルも見られます。
この機会を是非お見逃しなく。
祭りの原点ここにあり!




・「ANGELS OF LIGHT」
ほとんど知られてはいませんが、70年代前半サンフランシスコで活躍していたパフォーマンス集団「ANGELS OF LIGHT」。
そのコミューンで一緒に生活していた「タシ」氏が撮影した、彼らの貴重なスライド写真の記録です。スゴイですよ!




そして清泉画伯によるオリジナルTシャツ、今年もあります。
もちろん「人妻カフェ」もオープンしま~す。




最後に主催者からのお願いですが、周辺地域の方々へのご配慮をよろしくお願いします。


関連サイト
ONO LOVE

今から始めるGrateful Dead

mixiお祭盛り上げ勝手連

最新情報をチャックせよ!!!



※カテゴリーの忍野DEADをポチッとすると、過去のレポ、まとめてみれます。


b0007213_15451036.jpg

b0007213_15465985.jpg

b0007213_1553988.jpg

[PR]
by captain61 | 2007-03-13 10:21 | 忍野dead
b0007213_982335.jpg

FM 76.4MH ラジオ石巻 毎週水曜日19:00~
JAMMY'Sといっても、REGGAE のKING JAMMYの関係ではありません。
2月23日にDVDが発売になったTHE BEST OF THE JAMMY'S の特集です。
想像もしたことなかった顔合わせが実現してるんですね~!

JAMMY'S とは?
以下、ムロケンさんの解説より拝借
 
2000年に第一回の祭典が催されて以来、人気を呼び、いまや新しいアメリカ音楽の潮流なんて呼ばれているJAMMYSこと、ジャミー賞のことは、もう耳に届いているかな? 元祖ジャムバンド、グレイトフル・デッドに始まり、フィッシュ、ストリング・チーズ・インシデントらのインプロヴィゼーションを得意とする若手人気バンドが次々と登場し、誕生したジャムバンド・シーン。かれこれ10年を越えるシーンの隆盛の中で、ボナルーやハイ・シェラなどの夏の野外フェスティバルが、草の根的ネットワークで評判を呼び、ジャンルに関係なく音楽とグッドタイムを愛する人々が集まり大成功。これまでの、どちらかといえば大手レコード会社主導だったアメリカ音楽市場は、すっかり様変わりしているのだ。この潮流の変化を象徴するのが、ジャム演奏や積極的にライヴ活動を続けるグループ、アーティストたちを対象に始まったジャミー賞だ。“この祭典の真の主役は聴衆だ”とABCニュースにも大きく取り上げられたように、年間最優秀ライヴ賞やグループ、ソング・オブ・ザ・イヤーなどの各カテゴリーのウイナーから、NYマジソン・スクエア・ガーデンで開かれる年に一度のこの“ジャムの祭典”の出演者は、一般ファンたちの投票やリクエストによって決定されるのだ。まさに音楽シーンにおける草の根民主主義の復活ってわけだ。生涯功労賞受賞者、ブルースの大御所、バディ・ガイに、売れっ子ギタリスト、ジョン・メイヤー、ベースはデッドのフィル・レッシュ、あるいはオールマン・ブラザースのギタリストとフィッシュのトレイ・アナスタシオ、マーリー兄弟にシニード・オコナーにドクター・ジョンなんて夢の共演が実現するのもこの祭典ならでは。主催はジャム系人気音楽誌「RELIX」とNYのクラブ、ウェットランズでこのシーンを支えてきたヘレン・シャピロ。環境保護の活動家でもあるシャピロの提案で数年前からジャミーズは4月20日のアース・デーに開かれ、MSGの祭典を皮切りにカーネギー・ホールなどNYの主要25の会場で、参加者の演奏とともに環境問題の大切さをアピールしている。そういえば表彰カテゴリーの中には音楽ばかりではなく、ベスト・ファン・ウェブサイトやベスト・コミュニティ・サービスなんていうのもあったっけ。今年は噂の歌姫、グレース・ポッターにあのチック・コリアやマッコイ・タイナーというジャズ界の巨匠たちの参加も決定。キャリアもジャンルの壁も超えて進化するジャム・シーンに注目だ!


ブラインド・デートと呼ばれるジャミーズ賞での異色ジャム・セッション。その2000~ 06年のベスト・パフォーマンス集DVD『THE BEST OF JAMMYS VOL.1』が2/23にデジタルサイトから発売された。デッド、フィッシュ、ライアン・アダムズ、ピーター・フランプトンら涙物の顔合わせの演奏が楽しめる。映像も秀逸。

これは、VOLUME ONEということで、年内にtwoも発売されるらしい!

jammy's.com

earth day video

2007 bonnaroo

[PR]
by captain61 | 2007-03-07 09:46 | radio